FC2ブログ

★京都市右京区の不動産屋です!アンクルホームの日記★

京都市右京区にある不動産屋の「アンクルホーム」のスタッフが書いています。現在、twitterとも連動中♪不動産屋に勤める女子?の日常を覗き見して下さい(気ままなつぶやきです)
2018年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年11月

白龍園

みなさんこんにちは! m o c o です
昨日・今日と寒さが続いて、暖かいコートやマフラーなしでは外出がつら~いです!

さてさて、先日京都の紅葉は来週くらいから!とお伝えしましたが、
まさに見ごろを迎えている、京都の知られざる紅葉スポットをご紹介したいと思います。


その名も「白龍園」
じっくりと紅葉を楽しめる、知る人ぞ知る庭園。
京都市内から洛北・鞍馬へと通じる鞍馬街道沿いにある「白龍園」は
京都市内に本社を置く子供服メーカーの青野株式会社が所有する庭園です。
60年ほど前に、創業者である青野正一氏が所有することになった山
その開山にあたり「白髭大神」「八大龍王」をまつる祠と大鳥居がたてられ、霊城を守る神社を形成したことから、二文字をとって「白龍園」と名付けられたそうです。
100年以上手つかずで荒れ放題だった山を整地し、石組み、あずま屋の建設など、
ご家族、社員さん達のの手作業で何年もかけて手入れされ、現在のような素晴らしい日本庭園となりました

この庭園は長らくプライベートな存在で、一般には公開されてきませんでしたが、
一昨年より春・秋の一時期のみ、1日100名限定で一般公開されることとなりました。
園内は、一面苔がひろがり、緑の絨毯を敷いたようです。このふわふわの苔を守るため、
また、園内には高低差があり、苔むした階段もあるため、安全面での配慮から入場者数を制限しているそうです


庭園の奥には、白龍園の名前の由来となった山の祀り神を祀るお社があります。
商売繁盛と不老長寿にご利益があるとされています
こちらのお社は撮影禁止エリアです。
また、お社以外の場所では撮影自由ですが、三脚などの使用は禁止となっています


庭園には5つのあずま屋があり、それぞれから違った庭や周りの山の景色を眺めることができます。
私も昨年の公開時に訪れましたが、丁寧に手入れされた庭園も素晴らしく、入場者数を限定しているため、ゆったりと旬の紅葉を楽しむことができました。
お手入れをされている庭師さんから、庭園や置かれている灯篭のお話などを伺いながら鑑賞させていただきました


白龍園の紅葉
(2013年11月撮影)


庭園の観覧券は、叡山電鉄出町柳駅でのみ発売です。(※白龍園では買えません。)
観覧券は9:00~12:00の時間帯で発売、1日100人の枠が売切れ次第発売終了となります。

駐車場はありませんので、叡山電鉄を利用して鞍馬線の二ノ瀬駅で下車、徒歩3分で白龍園です。
途中の車内からも" もみじのトンネル "の素晴らしい紅葉を楽しむことができます。

公開は今月30日まで、観覧時間は10:00~14:00です。
雨天時には休園となりますのでご注意ください。

今週末はお天気も良さそうです
素敵な紅葉狩り日和となりそうですね
では、皆様よい週末をお過ごしください
スポンサーサイト
【 2014/11/14 (金) 】 京都のこと | TB(0) | CM(0)

「嵯峨野線」?「山陰本線」?

みなさんこんにちは! m o c o デス

今日は地元京都の話題を少し・・・
アンクルホームのある太秦は、京都の右京区にありますが、
JRも私鉄も市営地下鉄も利用可能な、比較的アクセスの便利なところにあります。

JR線は、私たちは普段「嵯峨野線」と呼んでいます。
他の会社からいただいた物件の資料などを見ると「嵯峨野線」「山陰本線」と、混在して使われていることが多いな~と思います。
府外出身の私は、最初違う沿線なのかな?と思ってしまいました

20.jpg

お得意のwikipediaによると
JR京都駅から北西に伸びて、中国地方の日本海沿岸(山陰地方)を経由して山口県下関市までつながっている路線「山陰本線」
「嵯峨野線」は、その中で「京都駅から南丹市の園部駅までの区間に付けられた 愛 称 だそうです。

正式名称は「山陰本線」、もちろん「嵯峨野線」も間違いではありません。
ただ、あくまで愛称ですので
県外から来られた方等には、同じ路線というのが分かりづらいかもしれないなと思いました。
アンクルホームのホームページでは、今後は「山陰本線」で統一していこうと思います


明日は一年で一番暑いといわれている夏至です
週末のお天気は下り坂のようですが、
暑い日には変わりないので
みなさん体調にはお気をつけてお過ごしください
【 2014/06/20 (金) 】 京都のこと | TB(0) | CM(0)
プロフィール

アンクルホーム

Author:アンクルホーム
私たちは京都市右京区の「太秦天神川駅」すぐにある不動産屋の「アンクルホーム」です。
小さな会社ですが、スタッフ一丸となってお客様にご満足いただける物件をご用意してお待ちしております。
京都市中京区・右京区の賃貸・売買ともやっておりますのでお気軽にご連絡ください♪
◆http://www.uncle-h.co.jp/ 売買版

最新コメント
つぶやき更新中。ほぼ事務嬢の日常。
QRコード
QR